復帰のタイミングは看護師としての自分の腕と相談

悩み

ブランクナースが職場復帰を考える時に重要になってくるのが復帰するタイミングです。
看護師として何年も経験を積んできて、全く自分の腕が衰えていないと自信のある人であれば、即戦力になる可能性も高く、復帰現場からも求められることがありますが、長期間看護師業務から離れていた人や以前の職場と全く違う科への復帰などをしてしまうと、業務知識や業務処理能力がたらず復職後の勤務先へ迷惑をかけてしまうこともあります。

 

復帰するタイミングとしては長期のブランクが開く前がもちろんいいですが、様々な事情で長期ブランクが開いてしまった人などはある程度復習などが終わってから復帰するのがベストなタイミングと言えます。

 

また職場復帰支援を行ってくれる病院や自治体もあるので、そう言ったプログラムを活用しながら徐々に復帰していくというのも一つの手です。
事前によく下調べをししっかりとした研修システムや復帰支援のある病院を選ぶようにしましょう。

産後直後に復帰する場合は病院側の理解も必要

看護師として職場復帰するタイミングを産後直後に考える場合、理解のある病院を選ぶことが非常に重要です。
自分以外にも子どもの面倒を自由に見てくれる家族がいるのであればその心配もないですが、生まれたばかりの子どもは急に熱を出したり、急に体調を崩したりと予想しないことが起こりやすく、付きっきりの看病が必要なこともしばしばあります。

 

理解のある病院であれば、急な子どものことでも相談に乗ってくれたり、出勤を調整してくれたりするのでそう言った点も考慮した上で、復帰職場を探すことが大事です。
託児所完備の病院もあるので、そう言った勤務先であれば子どもがいても安心して職場復帰することが出来ます。
また、24時間託児所完備の病院であれば、急な呼び出し対応や夜勤での勤務も行いやすいので、産後すぐにバリバリ働きたいと考えている看護師にとっては非常に重宝する職場だと言えます。

仕事が辛くて鬱になった人が復帰するタイミングは?

過労

仕事鬱でしばらく看護師業務から離れていた人が職場復帰するタイミングは、自分でまた自信を持って働けると思った時がベストなタイミングだと言えます。職場のストレスや人間関係、過剰業務などから仕事鬱になる人もしばしばいますが、そういった仕事による鬱が原因の場合の復帰するタイミングはまた働きたいと思った時になります。

 

スムーズな職場復帰が行えるように、技術や知識の復習を行うことはまた働き始めるための大きな自信に繋がります。
また、疲労やストレスが蓄積してしまうと鬱を再発しかねないので、自分のペースで働ける職場を探すことは非常に重要なことです。
業務量なども考慮して総合病院などを選ぶより、クリニックなどの激務にならない休みのしっかり取れる職場を選ぶことも大事なポイントになります。
職場復帰支援プログラムや自治体で行われている講習などに参加するのも一つの手ですね。
働く前に現場見学を行ったり、体験入職などを行ったりしてどういった復帰サポートが整っているのかを調べたりして働きやすい職場を探しましょう。

 

>> サポート体制万全な看護師求人はココで検索 <<