総合病院に復帰した時のメリットとデメリット

病院

ブランクナースとして復帰する場合に総合病院での復帰を行ったときのメリットとして、しっかりとした復職支援プログラムに基づいて、段階を追って研修を行っていけるというメリットがあります。
また総合病院は患者数も多いので、早く経験を重ねることが出来、同じ技術や作業を何度も行って行けるという点もメリットと言えるでしょう。
待遇面でも個人経営のクリニックに比べて自治体などが積極的に託児所などを設けている病院もあるので、子どもがいても安心です。

 

しかし、総合病院で復帰するデメリットとしては、患者数が多く人手不足なこともあり、しっかりとした復帰支援プログラムが行われないこともあるということです。
時間をかけて研修を行ってくれるところであればいいですが、復職者から質問しないと教えてもらえないということがあったり、順立てて教えてもらえないことがあったりと言ったこともあります。
また、総合病院では扱っている医療知識や経験も幅広いものを求められるので、一度にたくさんのことを覚えなくてはならないということもデメリットとして言えます。

クリニックに復帰した時のメリットとデメリット

ブランクナースがクリニックで仕事復帰を行う場合のメリットとして、クリニックは夜勤がないことが多く、残業もほとんどないので、復帰しやすい環境が整っているということです。
さらに、雇用条件によっては土日、祝日も休めたりできるところもあるので、ブランクが長くて時間に関係なく働くのは無理かもと感じている人には非常にメリットです。

 

しかし、デメリットとしてはクリニックの方が総合病院に比べてお給料や年収が低いと言ったことがあります。
これは残業代によるところも多く、なかなかガッツリ稼ぎたいという人には向きません。
また、総合病院では託児所を完備しているところもしばしばありますが、クリニックではそう言ったところはほとんどなく、設備面や雇用待遇についても総合病院に劣るところがあります。

どちらが自分にピッタリか体験してから入職するのが◎

納得

看護師の職場復帰として、総合病院のような大きな病院とクリニックのような小さな病院とそれぞれにメリットとデメリットがありますが、実際に何をメリットでメリットと感じるかは人によってそれぞれです。
ある程度事前に、自分にとってのメリットでメリットを調べることは非常に大事ですが、最終的にはメリットでメリットだけでなく、復帰現場の雰囲気や職場環境が決め手になることもあります。
ブランクナースに対して、どれくらいしっかりした復職プログラムが組まれているのかどうかも含めてしっかりと病院、クリニックともに見ていく必要があります。

 

失敗しない職場復帰を行うためにも、一度病院やクリニックを訪ねてみたり、体験入職で実際の現場の雰囲気を知る!というのも一つの手ですね。
自治体によっては復職支援サポートセンターが設置されているところもあるので、相談してみて話を聞くのも一つの方法です。
自分が納得して復帰できる現場を探すことで今後長く働くことも楽しく働くことも出来るので、上手に下調べを行っていきましょう。

 

>> 看護師求人の下調べならココがオススメ <<