一番有利なのは以前働いていた現場の科目

体温計

看護師として職場復帰を行う時にブランクがあっても採用がすんなり行きやすいのが以前働いていた現場と同じ科目の現場です。
病院は常に即戦力になるような人材を捜しているので、経験者であれば即戦力になるのではとブランクがあっても積極的に採用しているところが多いからです。

 

しかし実際には復帰現場での求められる人材とブランクがあるからと思っている看護師との意識の差は大きく、復帰後そのギャップに悩み仕事を辞めてしまう人もしばしばいます。
ブランクがあっても以前働いていたのであればすぐ経験を思い出すだろうと考える病院側が十分研修を行わないこともあり、働きはじめてからいきなり大変な業務を任されることなどで悩んでしまうのが多いからです。

 

そう言った入職後のギャップをなくすためにも、ある程度復習をしておくことと同時に、今の自分が何をどれくらいできるのかをしっかり勤務先に伝え、面接時に自分が不安に抱えている点も話しておくことが大事です。

街の診療所の小児科から復帰するのもアリ

看護師としての復帰を考える際に、どの科目の看護を行うのかは大きなポイントです。
その時に選択肢に上がってくるのが大きな総合病院のようなところか街の診療所や小児科、クリニックのようなところかということです。

 

総合病院であれば様々な知識が求められ、行う業務内容も多く、患者数も多いところがほとんどなので急速なスピードでの復帰を求められ、なかなか研修なども行ってくれないところもあります。

 

それに比べて街の診療所や小児科、クリニックであれば、患者数も少ないところが多く、専門の科目について開業しているところが多いので一つのことに集中して仕事をすることが出来ます。
以前働いていた科目であったとしても、復帰後の職場として自分のペースで仕事を行っていきやすく、一つひとつを思い出しながら仕事をすることも出来ます。
また小児科では子どもに対する知識や基本的な問診などが主な業務なのでブランクがあっても復帰しやすいので、ゆっくりと働いていくことが出来ます。

看護師だけに絞らず業種の範囲を広めてみる

保健室

看護師として復帰を考える際に、病院での看護師業務にこだわらないのであれば治験コーディネーターや保育園での看護、一般企業の保健室などでの看護業務も視野に入れて考えてみることが大切です。
こういった治験コーディネーター保育園での看護一般企業の保険室業務などは科目に関係なく、幅広く看護の知識が求められますが、技術的なことを求められることが少ないので復帰しやすい職場だと言えます。

 

治験コーディネーターの主な業務は治験内容や、被験者の不安や心的負担を軽減するための相談相手として医療知識を持って話すことが求められる仕事内容です。
保育園や一般企業での保健室勤務も病気の初期症状の相談に乗ったり、最初の処置を行ったりとする業務が多く、病院に引き継ぐための応急処置業務が主な内容になります。
ブランクによる技術面での不安などを解消するにはピッタリの職場で、少しずつ自分オペースで復帰知識を勉強することも出来るのでオススメです。

 

>> 治験の仕事などもチェックしたい人はコチラ <<