短時間正職員制度が完備されている病院がオススメ!

看護師

病院などで看護師向けに用いられている短時間正職員制度は、通常のパートと異なり正規雇用でありながら通常よりも短い時間で働く雇用形態のことです。
正規雇用なので福利厚生、社会保険、育児・介護休暇なども適用され、昇進昇格や教育訓練などの機会も与えられるメリットがあります。
給与は正規雇用のフルタイム職員と同様の給与形態で、勤務時間の違いを反映した額が支給されます。

 

看護師ではこの制度を導入しやすい傾向にあり、この制度を使えば患者さんの多い午前中や午後一などに手厚く看護師を揃えることが出来るという病院側のメリットもあります。
また、ワークシェアリングのように看護業務自体が複数の看護師で複数の患者を管理しているという業務の特徴上、業務の引き継ぎが行いやすいのも看護業界でこの制度が推奨されている点でもあります。

 

出産や育児などで現場を離れていたブランクナースでも、この制度を利用すれば子どもを育てながら働くことが可能になり、復帰しやすいのでオススメです。

非常勤ではダメなの?短時間正職員と非常勤は大きく違う

ブランクナースが職場復帰を考える時に考えるのが雇用形態です。短時間正職員と非常勤とで悩むこともありますが、短時間正職員と非常勤職員では様々な面で待遇などが異なってくるので、しっかりと考える必要があります。
ブランクナースで子育てをしながらも職場復帰をしたいと考える人にとっては短時間正職員で働くのか非常勤職員で働くのかは大きな問題です。

 

非常勤職員が福利厚生や育児休暇などが適用されないのに対し、短時間正職員であれば福利厚生や育児休暇がしっかりともらえ、子どもを育てる親には非常に心強いメリットが多いのが特徴です。さらに雇用契約期間に定めがなく、退職金なども支給され、昇進が出来るのも大きなポイントです。

 

短時間正職員であればしっかりと安定した職場環境で働きながら子どもの成長に合わせて、学校行事や子どもの行事にも一緒に参加することが可能になり、またフルタイムへの復帰も行いやすいのでオススメです。

子どもとの触れ合いを大切にしたいのなら託児所つきの病院

子供

ブランクナースが職場復帰を考える時の大きなポイントの一つに託児所があります。
保育園に通わせながら職場復帰をと考える人もいますが、送迎に時間がかかったり、迎えが遅い時に保育園側がいい顔をしなかったりと様々な懸念が考えられ、なかなか子どもを保育園に通わせながらの職場復帰に躊躇する人もいます。

 

そんな懸念を抱えるブランクナースに人気があるのが病院内に託児所が完備された職場です。
病院内に託児所があれば、送迎時の心配もなくなり、休憩時間に子どもの様子を見に行くことも出来るのでオススメです。
また子どもが体調不良時などは細かく連絡してくれるところもあるので、安心して子どもを預けることが出来、子どもと過ごす時間も十分取れるようになります。

 

24時間対応してくれる託児所が見つかれば、夜勤や緊急時の呼び出しなどにも対応できるようになるので、職場復帰を考える時には託児所完備の病院を探していくことが重要です。

 

>> 託児所つきの病院はココからチェック! <<